サイトメニュー

ハート

60代の人が罹りやすい

60代以降の人が罹りやすい後退期うつ病は、焦燥感が強く出るのが特色であり、後退期妄想症という疾患では、他人に理解できない言動が増えます。几帳面で執着心の強い人がうつ病に罹りやすいため、少しでも変だと感じた時は精神科でチェックを受けましょう。

詳しく見る

女性

正確な診断が治療の第一歩

うつ病は、症状によって細かく分類されて治療方法が異なるため、自分自身では判断しづらい難しい特徴です。訳もなく不調を感じる人は、専門医の元でチェック項目に従って診断を行い、心の内を吐露して感情を整理し、適切な治療を始めることが重要です。

詳しく見る

ウーマン

精神病を確認する方法

仕事などのストレスで発生するうつ病の問題は、日頃からチェックをしておけば予防しやすく上手く対応できます。うつ病のチェックは専門医でも難しいため、治療効果を感じない時は医師に相談して対応を考える必要があります。

詳しく見る

手

精神療法の有無も基準に

精神療法の有無を基準に、うつ病チェックを受ける精神科を選ぶのも良く、通院が難しい時は往診に対応するクリニックを選びましょう。躁うつ病の人と接する時は無駄な衝突を避け、一般的なうつ病の人と接する場合は、色彩学を取り入れる価値があります。

詳しく見る

小さな変化は病気の兆し

ハート

治療には万全な体制が必要

近頃なんだか集中力が続かない、気分の落ち込みを感じるといった悩みを持つ人が増えています。この様な症状は誰もが1度は経験するものですが、殆どの人は数日で気にならなくなるものです。しかし2週間から3週間以上同じ様な症状が見られる場合には、うつ病になっている可能性があります。この病気はいくつもの原因が重なる事で発症しますが、いずれもストレスがきっかけとなっている事が知られています。毎日の生活の中でショックな出来事があれば、誰もがストレスを感じます。その様な状況が一定期間続くと脳内の神経伝達物質に変化が見られる様になります。中でもセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの人の感情に作用する物質が減少する事で、うつ病の症状を引き起こします。更に慢性的なストレスは脳内のコルチゾールという物質を過剰に分泌させ、脳の損傷や萎縮といった深刻な状態を招く事さえあります。うつ病の治療は精神科や心療内科の利用が一般的です。その際、自前にセルフチェックシートに記入しておき、医療機関に提出すれば、ストレスによるダメージがどの程度進んでいるかをより正確に伝える事ができます。チェックシートに記入された内容は、医師が治療方針を立てる上で役立てる事ができるので、持参した方が治療をスムーズに進められます。うつ病は脳のエネルギーが著しく低下する事で起きる気分障害です。何をするにも気力がわかず、日常生活にすら支障をきたす様になります。決して特殊な病気ではなく、日本人の15人に1人はかかるといわれています。うつ病になると非常に多くの症状が見られるようになりますが、一般的に朝に重く、夕方から夜にかけて少しずつ軽くなります。多くの人は時間が経過すれば、明るく振舞えるので、単なる気分の問題として軽く考えてしまう傾向にあります。しかし気分の変動はこの病気の大きな特徴でもあるので、軽く考えない事が重要です。日頃からセルフチェックを習慣化する事で病気を未然に防いだり、症状の悪化をくい止めたりする事が期待できます。少しでも自覚症状があれば専門医の診察を受け、うつ病の可能性についてチェックしてもらうのが無難です。うつ病の治療は抗うつ剤による薬物療法とカウンセリングなどによる心理療法とに分けられますが、どちらを中心とするかは担当の医師の裁量に委ねられます。そしてうつ病患者には十分な休息が必要です。できるだけ早く社会復帰を実現させる為には、家族や身近な人の理解と協力が不可欠です。治療の効果を高める為には、家族も一緒に医師による治療方針についての説明を受ける事が必要です。

Copyright© 2018 うつ病診断でチェックしよう!【誰もが1度は経験するもの】 All Rights Reserved.